頑張れば頑張るほど失敗するのはなぜ?

私たちは、頑張らなくっちゃ‼
とか、ここは絶対に失敗できない場面

と、思えば思うほど

失敗したり、思いもよらないミスをおかしてしまう

そんな経験は、されたことがありませんか?

運動会で、速く走らなくっちゃと

思うと

こけちゃった、ということも

経験したり、見た事はありませんか?
無意識緊張が伴って、実力が発揮できないという

『努力逆転』の現象なのです。

そのからくりは、脳にあります。

脳が、緊張状態にあるので、

身体が無意識に緊張状態となり

自分がイメージしたものと逆転の現象を起こすのです。
では、どのようにすると、

その状況を打破できるのか?
それは簡単なのです。

脳波がアルファ波優勢の時は、

大脳の活動が集中して

身体機能が活性化され

自身の持ち合わせている能力を、

十二分に発揮できるのです。
そして、このアルファ波の条件反射が形成されると

意識集中力が容易になり

勘やひらめきなどの潜在能力が

磨かれるのです。
そのアルファ波の作り方のポイントが

呼吸です。

毎日訓練していると可能です
それが、響乃 瞑想の会で

体感できます。

是非一度ご参加下さいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です